ロスサントス住民の端くれブログ

マイペースに色々つぶやくように書いているブログですん。

70.遊んだゲームをさくっと紹介 その2【カスタムロボV2】シナプティックドライブも少しだけ

 

こんばんは。ブロガーの端くれ中の端くれです。

 

 

最近暑いっ!!

 

まだ五月の終わりですよ?

私は暑いのが苦手なのだ!

 

ペプシが止まらんッ!

 

f:id:nomonoblog:20200528163504j:image

 

ゴクゴクゴクゴクゴクゴク、、、

 

 

かぁーーーー!!!!!

 

この飲みごたえで、ゼロカロリィー!!!

 

 

 

飲み過ぎはダメですよ。

 

 

 

目次

 

 

 

・本題の前に

前回ゲームをさくっと紹介って言っといて全然さくっじゃなかったので、

今回は本当にさくっと行きます。

 

いや、行きたい。

 

自信無いッ。

 

 

・本題

今宵紹介するのは

ニンテンドーロクジュウヨン(以下N64)ソフト

 

カスタムロボV2

f:id:nomonoblog:20200528163942j:image

wii配信版)

↑直撮りッ

 

なぜ今カスタムロボなのか。

それは後々。

 

 

・あの世に持っていきたいゲーム

このカスタムロボV2

まさか知らない方はいないと思いますが、

万が一いらっしゃると悪いので簡単に説明致しますと、

 

一画面に二体のロボが

 

ガン、ボム、ポッド、己の肉体を駆使して

 

死闘を繰り広げる

 

二十年早かったeスポーツゲームです。

f:id:nomonoblog:20200528211345j:image

↑直撮りッ

 

 

このシリーズ、初代を親に買ってもらったのをきっかけに大ハマりし、

 

初代、V2、バトレボ、GX、激闘!

 

とシリーズを網羅(バトレボと激闘は少し経った後にプレイ)。

 

その中でV2は別格で、

 

発売した年から二十年経った今でも

たまに無性にやりたくなり、一回で三時間は遊んでしまう名作中の名作。

 

そして、毎年夏と年末に実家に帰ってくる従兄弟に合わせて私と弟も合流して、

 

未だ現役のN64いい大人達がバトルを繰り広げてしまう珠玉の一品(実話)。

f:id:nomonoblog:20200528211629j:image

 

まさにあの世に持っていきたいゲーム。

 

f:id:nomonoblog:20200528211755j:image

おおおっとぉ。

 

ブログ用に久しぶりに起動したら、なかなかアツイ所にいるじゃないか。

 

あ、

V2はストーリーモードに

旅立ち編

激闘編

というものがあり、

 

旅立ち編はストーリーを追いながらゲームの基本操作、応用操作等を学ぶ豪華なチュートリアルモード

 

激闘編はクリア後に選択出来るモードで旅立ち編で学んだテクニックをフル活用してどれだけのハイスコアを叩き出せるかチャレンジする本番モード

 

f:id:nomonoblog:20200528213104j:image

旅立ち編に登場したキャラ達が、様々な課題を基に挑んでくるだけでもアツイのに、

 

前作、つまり初代のキャラもほぼ総出演する黄金体験。

f:id:nomonoblog:20200528213342j:image

彼は初代主人公のライバルであるハヤオ君。

ユリエとは初代のヒロインの事で、彼は彼女にお熱なのです。

 

え?ヒロインはカリンだって?

 

認めよう。だが私はユリエ派だ。

 

特に初代のな。

 

V2はちょっとおてんば過ぎて、、、

 

f:id:nomonoblog:20200528214446j:image

 

なかなかいい趣味じゃないかハヤオ。

 

 

初代のユリエとV2のユリエの変化は

各自検索するか

カスタムロボをやろう!!!

 

 

 

話は戻して、

 

f:id:nomonoblog:20200528213650j:image

おおおおおおっっっとぉおう。

カスタマイズを開いたら私のガチカスタムのままじゃないか。

レオンって、、、バイオのかな?

 

先述した従兄弟と弟を巻き込んだバトルではほぼほぼこのカスタムです。

 

このカスタムは、、、

 

 

 

、、、

 

 

いかん

 

 

またさくっと終われない。

 

 

・とにかく言いたいことは

 

名作です。

 

点数を付けるとしたら、

 

100点満点中98点(減点箇所は少し強すぎるカスタム、所謂強カスタム

がある事が否めない事とスバルの出番が少ない為)

に思い出補正とその他諸々の補正を加えて

 

300000000098点でしょうか。

少ないかな?

 

 

・本当の本題?

さて、

なぜ今カスタムロボV2なのか。

 

出たんですよ。

 

カスタムロボシリーズの精神を継ぐ新作、

シナプティックドライブ

そのゲームが。

 

 

 

f:id:nomonoblog:20200528223549j:plain

 

なんだろう。

 

 

生きててよかった。

 

もうちょっと生きたくなった。

 

 

シナプティックドライブはカスタムロボの生みの親であられます見城こうじ様が指揮をとったニンテンドースイッチPC用のゲーム。

 

題名も変わっておりますが、遊んでみれば

f:id:nomonoblog:20200528223613j:plain

こりゃあカスタムロボだぜ!

と驚きました。

 

色々紹介していきたい、、、ですが、現在の私は

発売したばかりでなにもわからん状態。

 

 

と、いうわけで今回はひとまずここまで。

 

まだまだわからない事だらけなので、記事の外で従来のカスタムロボとの違いを少しずつメモとして更新していこうと思います。

 

 

・最後に叫びたい

カスタムロボシリーズは名作だぜ!!

みんなも遊べ!!

特にV2!!

次に初代、バトルレボリューション!!

 

 

GXと激闘は、、、うぅ〜む

(※面白さは個人差ございます)

 

 

 

 

シナプティックドライブのメモ

 

・イメージ的にはボムが無いカスタムロボ

 

本作の武器構成は

ガン、ボム、ポッド

では無く、

ガン、ワイヤー、トラッカー

の構成となっております。

 

f:id:nomonoblog:20200528223737j:plain

 

一つ一つ分かった事を書いていくと、

 

ガンはタメ撃ちが追加され、空中撃ちに性能変化は見受けられませんでした。

 

 

ワイヤーはボムのかわりのようなもので、右スティックを倒して発射し、時間か起爆ボタン押し込みで爆発します。

爆発するまではスティックで操作出来ますが、オートマと名前が付いてるワイヤーは相手の方に行ってすぐ爆発する従来のボムのような使い方になります。

正直今のところオートマが使いやすい。

このワイヤー、右スティックで操作するので、私のようなクラシックなボタン配置(Aでガン、Rでジャンプのような) ではガンのタメを行いながらワイヤー発射が難しすぎる。

ボタンで発射できるようにならないかな、、、。

 

 

トラッカーはポッドです。そう考えて大丈夫でしょう。

 

また、レッグの項目は無く、性能を変化させるチップとなっております。

 

 

スポンサーリンク